:GPSの仕様にて

2007/08/23

ミニゴリラのマニュアルによると、GPS衛星が自分の位置データを
送信するタイミングが12分30秒毎ということで、
GPSによる自車位置特定に最大そのくらいかかる場合がある。



起動時に表示されるのは、前回終了した場所なので、
自宅でOFFにして通勤では使わず、会社の駐車場でONにすると
画面では自宅のままGPSキャッチを待つことになる。

今日は昼休みに車で出かけたのだが、走り出して1km程度は
GPSキャッチできなくて場所が更新されなかった(´・ω・`)

短時間の電源OFFでは衛星の位置データ取得まで待つ必要はないので
翌日の出発時など、結構な時間をおいたときだけ要注意ってことになる。

車の暖気やナビの行き先の設定などしていれば10分程度すぐな気もするが、
せっかくのポータブルナビなので、出発前に部屋で設定を済ませていたら
GPS受信まで( ゚д゚)ポカーンと待つことになる…。

ついでにいうと、GPS待ちは野外じゃないと意味がないので、
立体駐車場とか車庫に入っている場合は待つことすら無意味。
走り出して勝手にキャッチしてくれるのを待つのが吉(;・ω・)ゞ





ちなみに、ミニゴリラでは画面左側にある方位磁石マークの背景が
グレーならGPS未キャッチ、グリーンならキャッチ中である。

この方位磁石マークをタッチすると、進行方向を上にするか、
北を上にするかの2パターンで地図表示方法を変更可能。

普段は脳内地図と照らし合わせるために北を上にしているが、
ナビゲーション使用時は進行方向が上に固定されている方が
見やすくなるので切り替えると良い感じ(*゚ー゚)

2007/08/23 14:00
カーナビ

ID:977

COMMENT


No comments yet
 

ADD COMMENT

TRACKBACK LIST


このエントリにトラックバックはありません

TRACKBACK URL


http://www.gan.st/gan/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=977