:データ同期

2013/01/09

会社のPCと自宅のノート、自宅のデータ保管用HDDのデータ同期を効率化するために
Windows8ではデフォルトで搭載されていたSkyDriveを使ってみることにした。

必要なのは無料のMicrosoftアカウント。Skypeもマイクロソフトに統合された今、
Windowsユーザーなら持っておいた方が便利かも。



ノートの方はWindows8なので標準装備だが、
会社のPCはWindows7なので、無料のデスクトップアプリをインストールする必要がある。

skydrive
こんな感じでSkyDrive用のフォルダが追加されてアクセスできるようになる。

リンクの設定とかあるけど、基本的にはネットにつながっていれば
自動的にSkyDrive用フォルダの中身が同期される仕組み。

設定や容量の確認はタスクトレイのアイコン上で右クリックしてメニューから。
ちなみに容量は無料7GB。意外と多いね(*゚ー゚)

USBメモリでデータを持ち運びする時代も終わりか?





自宅のデータ保管用HDDとの同期については、自宅のノートで行うしかないが、
いつかまた出番があるかもしれないので、旧ノートを自宅FTPサーバー用に再セットアップ。
まだルータの設定変更してないし、外部からのアクセステストもしていないので
稼働できる状態ではないが、時間のあるときに準備しておきたい(`・ω・´)

ID:6534

COMMENT


No comments yet
 

ADD COMMENT

TRACKBACK LIST


このエントリにトラックバックはありません

TRACKBACK URL


http://www.gan.st/gan/blog/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=6534